無職は利用できるの?

キャッシングを利用する人の条件には、継続的な収入がある人が前提となっています。
継続的な収入は、正社員でなくてもOKという業者が多くなっており、パートやアルバイト、派遣社員などでも利用できるようになっています。
また、最近では主婦や学生でも利用できるような所も増えてきており便利なものとなっています。


継続的な収入が必要な理由は、借りたお金は毎月少しずつ返済して行く事にあります。
収入がなければ借金を返済して行く事はできませんので収入は確実に必要となります。

無職の人は、アルバイトでもいいので何か仕事を始めてから利用する事をおすすめします。

もしも、無職でも大丈夫などという業者があれば悪徳業者である可能性が高いので注意しましょう。

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、信用情報機関で管理されている情報の事です。
自己破産や借金を滞納した事がある人の情報が管理されており、この情報は7年前後保管されます。


ブラックリストに名前が載っているとキャッシングの新規申し込みをしても審査に合格する事はまずないでしょう。
また、クレジットカードなどの申し込みも審査で落ちてしまう可能性が高くなっています。

ブラックリストは、怖いというイメージが高いのですが一生情報が残るという事ではありませんので自分には金融事故があるという人もあきらめる事はありません。
7年以上経てば、情報が消えてしまいますのでそれまでに仕事を見つけ、収入を安定させたり、貯金を増やしたりして頑張りましょう。

キャッシングのメリットとは?

キャッシングにはさまざまなメリットがあります。

まずは、誰にも頭を下げる必要がないという事です。
両親や兄弟など親しい人であってもお金を借りる時は、お願いしたり頭を下げたりしなくてはなりませんよね。
頭を下げたからと言って確実にお金を借りる事ができるという事も保障できません。
キャッシングなら誰にも頭を下げずにお金を借りる事ができます。


次に、手数料がかからない事です。
自分の銀行口座からお金を引き出そうとすると、手数料がかかってしまう時間帯や曜日がありますよね。
100円、200円など少額ですが、少ない期間ならキャッシングを利用した方がお得な事もあります。
業者によっても異なりますので、ATM利用手数料などが無料という所を選びましょう。